髭脱毛の痛さ

髭脱毛は脱毛で一番大変な部位です。

体に比べて表皮も厚いし、メンズ髭脱毛は毛も太くしっかりとしています。

もちろんそれは保護機能としての事なのでしょう。

表面から深くなれば光が届きにくいし、光の強さも必要となりますし、顔の肌質自体が千差万別です。

毛根のメラニンを毛が生成される時に分泌される黒色に光を高温で反応させて毛が生えなくするのですが、時間の長い照射は火傷のリスクがありますから千分の一秒単位でリスクを回避してます。

そのエネルギーが小さければ毛根へのダメージは軽減されるし、痛みも少ないですが、脱毛ははかどらなくなります。

千分の一秒の光が高温を生むので、熱いより痛いと感じます。

熱く感じる時間が無いと言うことです。

ダメージが少なければ脱毛の期間は長くなります。

火傷のリスクを回避した短時間の照射でダメージを与えるためには、厚い表皮を貫いてしっかりと照射をする強さが必要で、それは痛みとなって感じてしまいます。

脱毛機はほぼほぼキセノンランプと言う光源で波長と時間、強度をコントロールしています。

構造上特殊なことは出来ません。

広告などの過大な表現には気を付けた方が良いと思います。

ゴムで弾いた様な痛さがしますが、照射レベルを下げればあまり痛くありませんが抜けが悪くなります。

ヘアーサロンカガワでは痛みを軽減する照射面がマイナス温度の脱毛機を使用しながら、なるべく早く脱毛が終わるように強さを相談しながら進めていきます。

髭が細くなったり、減っていくことで強い照射でも痛みは感じなくなっていきます。

正しい知識でご利用をしてもらえることを期待しています。

補足で話をすれば、医療脱毛もレーザー光線なので黒色に反応する事にはかわりありません。

強さがありますので、痛みは倍増します、なので、軽い麻酔が必要だったりします。

メンズ脱毛の価格表