月別アーカイブ: 2018年11月

フェルメールの番組

好きな内容のテレビ番組がやってるのでみています。
が、少しこじつけかな?と言う感じ。
面白いこともあるけど、どうかな?

しかし、ここであることに気がつきました。
油絵は書き足しが多い!
良くあること。

でも、フェルメールはそれが多いと言っている。

人間の能力とかって計り知れない物があることを考えると、サブリミナル効果を感じて一つの絵に感覚で魅力を感じる特殊効果のためにあえて背景を裏に隠した絵を作画したのではないのかな?と思ってます。

どうだろう?
でも、あると思うよ。
新説かもしれないけど、その効果を狙って隠してると言うのが本質だと思う。
表現的な事だけで、特殊な効果は考えられない。
下書きのような部分が人間の高度な感知能力、感覚、もしかすると透かした能力、そういう嗅覚的な能力に訴えかけるサブリミナル効果なんではないだろうか?