月別アーカイブ: 2017年4月

今日は遅い

次男の頃は遅い日か沢山あって、ここでも帰りを待つ話を書いてきました。
三男はこれまでそれほど遅い日はなかったですが、今日は遅いです。

夜の11時半ですね。

普通はどうしたのかな?って思うかもしれませんが、遅いという事は何かが出来ているかもしれないと言うことと思えるので、うれしく感じます。

2度とない高校野球、高校生活を野球を通して贅沢に過ごしてもらいたい。

贅沢の意味は、野球をやってるから得られた特別な経験のことで、逆をいえば、勉強で頑張っている子供達も得られる世界でしょう。

頑張れ三男。
今年の秋には達磨の目が入るように。

スポーツ能力って?

次男三男と子供のころから野球をやってきて、能力開発に興味を持ってやってきました、が、素晴らしい選手は沢山います。

先天的な能力も存在しています。

ネットで調べたりしていますが、知りたいのは経験にもとずいた後天的な能力は遺伝するか?ってこと。

でも、そのようなものは何処にもないようです。

先天的な能力しか遺伝しないようなので、スポーツにたけた子供がスポーツをやりはじめたと言うことが運命だった、そして、凄く努力した事が良い選手として成り立った、ということなんだろう。

我が家の子供達は昼間学校と野球を繰り返し、帰ってきてからも、ウエイトトレーニングや体幹トレーニング、子供のころは目のトレーニングとか、上達屋に通って練習を繰り返して来ました。
その経験は多分遺伝しないようです。
とても残念ですが、その経験を生かして、次の世代には歩きはじめた頃から神経トレーニングを意識して、体を使うことの何たるかを指導することが運動には必要なようです。

能力の高い遺伝子を持つ人類にリベンジ!

基本、能力は母親からの遺伝と言うことが常識らしいです。

スポーツやって来なくても遺伝は関係ないでしょうね。
ならば、女系の強い家系も昔からあるのは仕方ないことなのかもしれない。

ただ、息子の嫁には頭が良くて、スポーツの実績がある女性が最高なのかもしれない。と言う高望みをしたくなります。

高校野球

今日は久しぶりに帰ってこない。
次男の時には遅い日は良くあったけど、三男としては珍しい。

でも、実は遅いほど期待ができる。

不思議な話かもしれないけど、自主練も出来るのと、出来ないという事もある。

練習で遅いほど期待感は高まるよね。

今、夜10時。

平成29年度作新硬式野球部の西あかつき

夏の甲子園連続出場を続けている作新学院ですが、我ら西あかつきの出身部員は次男竜希と小島の二人から数えて3年下の三男敬諒が続いています。
そして、今年、三男敬諒の一つ下の西あかつき部員の鶴牧が入部しました。

連覇はとてもプレッシャーで難しい事ですが、西あかつき部員が甲子園を目指して、ベンチ入りを目指して頑張ってます。

甲子園の地は小島が踏みました。

三男が踏めるか?鶴牧が踏めるか?
はたまた、西あかつきの後輩達が踏むか?

挑戦する権利は皆が持ってる!