月別アーカイブ: 2017年3月

薄毛対策

先日、直接頭皮に貼付けるタイプの「かつら」?の研修を受けました。
生え際が見えても自然な感じに見えるものです。

かつらと違って30日~45日程で作り直さないといけないですが、常に新しく、毎回違うヘアースタイルにすることが出来ます。
品物は大体3万円程です。

一度にかかる費用はかつらより安いですが、累積する金額は一年で一つかつらを作るくらいはかかりますね。

ここでメリット、デメリットをあげてみます。

メリット
毎回ヘアースタイルを変えることができる。
かつらより自然でわかりにくい。
一回にかかる費用が安い。
両面テープやボンドは使わない。

デメリット
累積する費用はかつらより高くなる。
30日から45日くらいに一回は作り直さないといけない。

と言うようなところでしょうね。

興味のある方はご連絡ください。

あの日あの時

三男も高校2年になり、高校野球も残り一年半となりました。
この春、作新学院硬式野球部に西あかつきの後輩が入部します。

今、思い起こせば三男が西あかつきの主将を預かり、チームを一つにするため私の休みであり、練習日の火曜日に学年別に我が家に招待して食事会をしました。
私が料理を作り、三男と各学年のメンバーと食事をして、ある程度の時間まで皆で遊んで送り帰すと言う事をしました。

覚えている子供がいるかはわかりません。

三男も覚えているかはわかりません。

でも、それは大切な時間であったと思っています。

その後輩は、煮込みハンバーグの上に乗ったチーズのとろけ具合に、「チーズ、とろっとろ」と言った事を良く覚えています。

記憶になくても、きっと、野球生活の中での糧にはなっていると信じています。

なぜなら、私の子供も、西あかつきの子供も、必ず頑張れると信じていたから。

選抜甲子園

毎年夏の甲子園は作新学院が出場していますが、今年は選抜甲子園にも参加をし、なかなかの試合をみせてくれました。
三男もスタンドからの応援で、テレビ中継に沢山映りこんでいました。

二回戦、ベスト8をかけた試合で惜敗を喫しましたが、この学年にはまだ夏があります。
夏の連覇のプレッシャーも大変でしょうね。

そして、早いもので今年の秋には三男も勝負の時期となります。

出来ることをコツコツと積み上げていくしかないでしょうね。

子供の育成。

子供達が野球をしているのは、お客様なり、ブログなりで知っている方は沢山います。
その中で色々な話が出てきます。

能力が育たなかった子供達の話が先日盛り上がりました。

知らないことは仕方が無いけれど、子供達の体力低下は深刻です。
それは数字で表れない体力!神経の育成です。
結局、能力が高くなれば、それについて来る形で筋力も育ちます。

遺伝的な要素も関係しますが、それは、天才か凡才かと言う比較でしょう。
では、凡才がどうやって天才に太刀打つかって話ですよね。
運動能力は科学的にほぼ母親からの遺伝とわかっています。
体格は、双方の場合も多いと思いますが、能力は偏ってます。

その中で、天才とどうやり合うかってことです。

凡才が凡才のまま、あるいは、凡才にも及ばない。

それは避けたいですよ。

力だけではダメな現実は能力を培う必要があります。

10才まで、少しでも長くやれることが大切です。

泣きを見ないために!