月別アーカイブ: 2017年1月

作新学院選抜甲子園 確定!

春の甲子園!10度目の出場が決まりました。

次男の時には春は行けなかったのですが、三男は行けます。
現チームのメンバーは一年も結構入っているので、ベンチ入り出来ないのは残念だけど、流石にそこまでの選手ではないから仕方が無いですね。
野球そのものは次男より三男の方が良く知っていて上手いですが、バッティングとかのパフォーマンスは次男には敵わない感じでしたが、徐々に上がってきてはいると思います。

体重も増えはじめたし、ウエイトの効果も出はじめて、やっと細いばかりの選手ではない感じになってきました。

55kgしか無かった体重は九ヶ月で63kgになりました。
身長は170cmから、正確ではないけれど、174cmにはなっています。
次男が173cmちょっとで、それよりも明らかにでかいので、最低でもそのくらいはあるでしょう。
今年の秋にはチャンスが増えるかもしれません。
もしかすると、178cmくらいまでいくかもしれない。
楽しみ。
現在、ベンチ75kgを6回3セット、ベントオーバーローが75kg10回3セット、スクワット90kg10回3セット、デットリフト95kg10回3セット、ハンマー17kg10回3セット他。

もう少し体重が増えれば、このくらいの筋力があれば、もっと良いからだに見えるんだけど、体脂肪率が多分かなり低い。

春には良い選手も沢山入ってくるから大変だろうけど、なんとか次男が出来なかったベンチ入りが出来ればと願うばかり。

今日は選抜の発表と確定の日だから、多分遅いのかな?と思います。
テスト期間かな?作新学院の生徒が早く帰ってたから。
でも、今日は遅いと予想。
浮かれて早く帰すと、ろくなことないかもね。

高校野球名門校シリーズ

と言う本が、ベースボールマガジン社から発売になりました。
作新学院特集です。
これまでの軌跡と選手紹介が乗ってます。

三男が写真入りで内野手で乗のってます。

OB会の名簿も載っていて次男の名前も載ってました。
記念になる。

ベースボールマガジン社は次男の子供のころに載った本があるので、我が家にとっては縁起の良い出版社です。

心に火をつける

この言葉、今、テレビでみました。
所さんの笑ってこらえて!

イグノーベル賞の廣瀬さんの話でした。

親から教えてもらった不思議な話、や、体験で知りたいと言う要求が生まれたと。

心に火をつける。
は次男が乗ってる野球本です。
今やプロ選手も手ほどきを受けている手塚一志さんの本ですね。

今更ながら、本のネーミングセンスは流石だなと感じました。

誰が心に火をつけるかは、やはり親なんですね。
親が子供に接するときに、どう答えるかで火が着いたり、消したりが起こるのですね。

大変です。

私達はそれが出来たのか?
そして、これから子育てをする人たちはそれができるのか?

難しい問題だ!