月別アーカイブ: 2015年10月

指導力

職業的な技術も野球の指導も指導力が問われます。
コンテストである程度の実績を積みましたが、過去にヘアーサロンカガワのスタッフを指導して関東大会、全国大会に出場させることが出来ました。
関東大会では、我がスタッフの残した順位は栃木のその後の選手には抜かれていません。

そして、学童野球なんかは特に指導の良し悪しが大切と感じます。
正しいこと、必要なことを身につける事はなるべく早い時期に越したことはありません。

経験を積み、投げたり打ったりを繰り返して上手くなるのはただ単に慣れて出来るようになったにすぎません。
技術力が磨かれないと本当に上手くなったとは言えません。

そこで、指導が必要になります。

今日のニュースで高校で指導実績のある有名な吹奏楽の先生が定年して、大学の教授かなんかになり、系列の中学を指導する事になったそうです。
その中学は県大会にやっと出るかどうかの成績で、最近は部員も集まらなくなっていたそうです。

その先生が指導するようになり、全国大会に出場して、人気が高くなり、部員も三倍に増えたそうです。

指導力がある証拠ですね。

出来ないこと、わからないの事を指導で出来るようにすることが出来なければ指導者とは言えません。

子供に責任を押し付けるのではなく、指導者が責任を持って頑張ってほしいです。

頑張れ西あかつき!

西あかつき

時間があるときは三男のプチ練習で西小学校に行っています。
今日は珍しく金曜日でした。
西小学校は宇都宮市の陸上での練習があり、野球部の子供は二人くらいブランコで遊んでいました。

懐かしい!

そんなこともあったな!

でも、端っこで出来ることはいくらでもあるんだよね。

そこらへんも意気込みを感じないところです。

言葉では怒鳴っても、指導と言う観点で言えば無意味なことも沢山あります。

ただ、今日は福田会長が子供達を見た日でした。

少し話しましたが、男の意志を感じました。
言い訳をしない所が素晴らしく、これまでは学年も大きく違いましたので関わりが薄く過ごしてきたのでわからなかったです。

その、強い気持ちをどのように子供達の野球につなげるかの手段が必要ですが、今の西あかつきは人で不足ですので難しいと感じます。

野球を選んで始まったなら、野球でまっとうする志が大切ですし、それは、環境が作ってくれるはずです。

今日の彼の言葉はとても印象的でした。

クリテリゥム

クライマックスシリーズを見ながら書いてます。
巨人を応援していますが、ヤクルト真中監督は文星出身ですので、ヤクルトも応援しています。
なので、良いゲームになってくれる事を期待しています。
今のところ巨人が劣勢ですが、良いゲームな感じです。

そして今日は自転車のイベントで大通りを通行止めにしてレースをやっていました。
毎年この日はお昼くらいは暇になってしまいます。
車で来るお客様も多いので、仕方ないですかね。

夕方は忙しかったのですが、遅れて来るお客様続出でした。
これも仕方が無いのですが、返って迷惑になりかねないイベントですね。

せっかく人も集まってるので、早く大通りの都市計画を進めて宇都宮市民に街中が面白いと感じられるようにしてほしい。
そうなれば、少しくらいの不都合は我慢するけどね。

LRTを通すなら、それまでに町並みも揃えないと無意味!
お客さんを運んで来てくれないとね。

コメントについて

現在投稿記事に対するコメントは書き込めないように設定されています。
中国の方からのコメントスパムが大量に送り付けられ、対応することが大変でしたので書き込みを出来ない設定としています。

しかしながら、皆さんとコミュニケーションを取ることや、様子を知ることは現状では難しいので少し面倒かもしれませんがコメントのやり取りを可能にする方法をお知らせいたします。

現在は会員制のようなシステムにしましたので、書き込みが出来ないようになっています。
ですので、会員として登録をしていただければ書き込みが可能となります。

会員登録は個人輸入コーナー「同意いたします」へ進みますと、登録が出来ますのでお願いします。
もちろん、すぐに登録とはなりません。
こちらで確認の上許可となります。

育毛やスタイルの相談、野球の話などにご利用下さい。

野球の練習

三男の硬式野球へ向けての練習は少しずつ、着実に進んでいます。
来年の高校入学までには、中学部活引退から半年はありますので、この時期にトレーニングとこれまでになかなか修正出来なかった悪い癖を改善しています。(これ、重要ですよね。)

すでに二ヶ月~三ヶ月となりますが、課題であった投げる部分と打つ部分の基本的なところは改善できました。
しかしながら、投げる球の質、打った打球質や打球感はまだまだ改善の余地があります。

いわゆる硬式野球ではこれが出来てないとしっかりと投げられない、または、打球が飛ばせない、捉えられないと言う所です。
考えてみれば当たり前の事で、何も硬式野球用の技術と言うわけではありません。
出来ることならば、学童の頃からやれれば良かったのですが、自分自身が高校まで野球をしていませんでしたので次男が野球を始めた頃はそこまで理解をしていませんでした。
次男が高校まで野球を続け、周りの選手もレベルが高く、色々と考えさせられました。
その恩恵を三男が受けると言うことですね。
だから、スポーツ選手は弟の方が上手かったりするのでしょうか?

昨日も練習をしたのですが、新たな課題であるバッティングでリストを使う、ポイントを前に持っていくと言うことを念頭に行いました。
このことについては、ここ二週間ほど、どのようにリストを使えば良いのか?リストを使うことで何が起こるのか?それが起こることでどのように良くなるのかを考えながら、三男に理論的な話をしました。
昨晩の練習ではフォロースルーが大きくなり引っ張る打球を飛ばしました、前に進んだかな?と言うイメージとなりました。

練習後に話をしてみると、リストを使う振り方をしたら勝手にそうなったと言っていました。

多分、今回のリストを使うと言う課題は成功したと言うことではないかと理解しています。
なぜなら、一つのことをすることで他の問題点も勝手に解決すると言うことは理にかなった動きであると考えます。

バッティングではこれまでに構え、バットの位置、体重の置き方等、全てを変更しました。
癖を出さないために、新しいスタイルで、癖が出にくいスタイルを考えて変更しました。
これがまた、成功したと思っています。
もちろん細かい練習もしました。

高校野球仕様になってきた感じです。

今月の連休にご注意して下さい。

通常の連休は第一、第三週の月曜日、火曜日となっていますが、今月10月は第三週目の月曜日、火曜日、水曜日の三連休となります。
日にち的には19日、20日、21日の三日間です。

普段は水曜日に休みはありませんが、今回はお休みとなりますのでお間違えの無いようにご注意して下さい。

アレルギーに対応するヘアーカラー

一般的なヘアーカラー剤にはジアミンと言う成分が含まれています。
それはプロ用でも、ホームカラー用でも同じです。
そして、その成分はアレルギーを起こしやすい物で、人によっては長年カラーをしていても突然かゆみや、頭皮のあれ、顔が腫れるなどの症状が出てしまう事があります。
そうなると、ヘアーカラーをすることは出来なくなります。

しかしながら、どうしてもカラーをしたいと言う方もいます。
その場合には、いわゆるマニキュアと言われるヘアーカラーならばアレルギーの心配は減りますが、白髪を根元まで染めることができません。
頭皮が染まってしまいます。
また、洗うたびに色落ちしていきます。

もうひとつ染めることが出来る方法があります。
一般的には「利尻昆布のカラートリートメント」と言う商品で知られている、HC染料とか、塩基染料を使用したものがあります。
これは染まりが薄く、すぐに色落ちしてしまいますので、こまめに使わないとなりませんし、染まりが薄いので、一般的なヘアーカラーのレベルとは程遠い物ですが、アレルギーのリスクはへります。
この方式のヘアーカラーはプロ用の商材があり、市販のものより染まりは当然良くなっています。
ただ、一般的なヘアーカラーよりは染まりはやはり薄いです。
もちろん色落ちもありますので、同じように染まると言うわけにはいきませんが、アレルギーの心配が減りヘアーカラーをすることが可能となります。

このようなお悩みのある方は、一度ご相談下さい。

今年に増えたメニュー

技術的な事は若い頃からコンテストや講習会、勉強会と実績も含めて身につけてきました。
トップページにも書いてある通りの評価も受けてきました。
その中で、その年のトレンドを意識したメンズヘアーも取り切れて自信のあるカットをしています。

仕事はいろいろな道具や機械が必要な事もたくさんあり、それなりに揃えながら仕事に反映をしています。

そして、今年も残り三ヶ月となり振り返ってみます。

何と言っても今年の後半からメニュー化した育毛システムがイチ押しです。
かなり前から育毛には力を入れてきて、色々とモニターのモデルさんに協力してもらったり、試したりを繰り返し成果の高いシステムを組む事ができました。
あくまでも成果を得るように考えていますが、もちろん今まで良い結果が出る方ばかりではありませんでした、が、平均してこのシステムは良い成績をあげてきました。
自信のあるメニューです。
そして、利用者も増えてきています。

また、ゆるふわ縮毛も手間がかかるメニューで、少し自然な感じと言う程度ですが、試した方には好評です。
このメニューも進化が出来そうで、現在新たに勉強をしているところですが新たに道具が必要となりますのですぐに進化は出来ませんが、多分優れたメニューになると思ってます。

売り物はカットです。
時には時間がかかることもありますが、技術的に手数が必要な場合にそうなりますし、やらなくても良いのかもしれませんが、やり尽くしたいという気持ちで仕事をしています。
でも、30分内にはカットは終わります。
特別なことをしないで切れば時間もかからないですが、やはり、売り物ですので、少しでも30分の中に完成度をイレ込みたいと思ってます。

これからもメニューを進化させながら、新たな取り組みをしていきたいです。