震災カット

今日、私より年上の方で一見さんがいらっしゃいました。
オーダーは震災カット!
正直わかりませんでしたが、説明を聞いて把握しました。

言われはわからないと言うことで、調べたところ、関東大震災当時に流行ったらしいこと。

刈り上げスタイルで専門用語からするとハーフロングに値します。

東京出身で、宇都宮に20年くらい住んでいて奥さんは美容師と言うこと。

しかし、宇都宮で上手く切ってもらえないと言うことで、その理由は短くならないと言うことです。

切れる人は沢山いるはずですが、奥さんは短いスタイルは切れない、と、いうか、ツーブロックで切ることはできるけど、クラデーションデは切れないと言うこと。
そして、切れるお店に合わなかったと言うことでしょう。

ハーフロングって知らない理容師も最近は沢山いますからね。

理美容の垣根が無くなりつつある現在、忘れられてしまう理容の仕事もあるという事で、技術的なトレーニングもしなくなったと言うことですね。

でも、今日はそういう勉強をしていて良かったと思う一つのの事でした。

そういえば、前はこの内容は床屋の独り言で書いてたか?

シリーズ復活しないとな。


コメントを残す