野球の冬場

今年は次男にとって最後の高校野球になります。
いよいよ来たな、って感じです。
小学一年生から始めてここまで来ました。
あの頃がつい昨日のようです。

この冬は目標であった体重70キロに到達し、ベンチプレス80キロを上げるのも目標でしたがそれはずいぶん前にクリアしました。
デツトリフト130キロも上がるようになり、目標は150キロでしたが床が抜けそうなので、限界でした。
全体的には三年間の中、やることはやってきたなと評価しています。
これで、ベンチ入りが出来なくても、それは納得がいく三年間であったと言えるかなとも思っています。

彼にはこれから大人になり、今までの経験を生かして過ごす沢山の、大きな未来が待っています。
かけがえのない、誰も知り得ない可能性の未来です。
これまで過ごしてきた親子の時間と野球と言う厳しいゲームの中で経験してきた事、すべてが彼を人としてを育ててくれたと信じています。
立派な大人になってくれると信じています。

さて、三男はどうでしょう。
一条中のピッチャーとしてやっていますが、次男ほどストイックではありません。
気分にむらがあります。

ただ、能力的には高いものを持っています。
三男が何が大切か、何が必要かを理解して行動出来るようになってくれればと願います。
教えるのではなく、身をもって経験して、理解する事が大切です。
次男の代の一条中は仲間同士仲良くやりながら、みんなが走っていれば、自分も走る。
走るなら、誘い合って一緒に走ると言う感じでした。

まぁ、三男もそれなりには走ってますけど。

なんにせよ、次男も三男もけじめの年ですので、私も色々とサポートしないとね。
次男はある程度のノルマを達成したので、三男は春までに、この冬目標にしてきた球速アップと変化球を増やす事を達成したいです。
もう少し暖かくなって欲しいかな。

年が明けて


コメントを残す