ビビリの縮毛矯正

宇都宮市伝馬町4-21 ヘアーサロンカガワ

今日は縮毛矯正をしている方で、普段ホームカラーをし続けている状態の結果、かなり傷んでしまったお客さんがご来店しました。
基本的には傷んでしまった髪は傷みを修復することは出来ませんので、普段からなるべく傷みが進まないような事を考えなければなりません。
しかしながら、傷んでしまった髪を薬液処理するのは大変です。

パーマは無理な場合にはお断りしますが、縮毛矯正は対応が出来ます。

薬剤の選定、薬液処理、アイロンの温度管理と熱量の与え方を調整して良い結果を導くように対応をします。

IMG00170~01
この写真はすでに薬液処理したあとの状態ですが、薬液前からすでにビビリの状態でした。
薬剤は二種類を使用して、強度調整しています。
ちなみに今回は長男が薬液処理をしました。

IMG00171~01
この状態はドライしたのみです。
ブラシもいれていません。
状態としては、なんとかまとまったのではないかと思います。

今回はゆるふわ縮毛ではないですが、対応力のある仕事を心掛けていますので今日は一安心でした。

ヘアーサロンカガワ


コメントを残す