床屋で育毛3from宇都宮

宇都宮市伝馬町4-21 ヘアーサロンカガワ

前回の続き。

市販の育毛剤が悪いとか、効果が無いとは言いませんが、目に見えて効果がでる程の期待に応えることは難しいであろうと思います。

そして、ミノキシジルとプロペシアがなぜ良いのかは、薄毛のシステムに起因しています。

特に、プロペシアに関しては男性ホルモンに関係があり、年齢が進むにつれて毛が細くなる、薄くなると言う現象に密接にかかわるからです。
先天性と言うか?持って生まれた薄毛体質の場合には、年齢が高くなるにつれて男性ホルモンの活発化に伴いある酵素が沢山体内で作られます。
その酵素を受けとる受容体の数が多いと言う特徴があります。

数多くの酵素をキャッチすることで、毛髪生成能力が減退していくと言うシステムです。
毛髪生成能力が低下すると、毛髪生成サイクルが狂い、早く抜け毛になってしまうようになります。
そうなると、生え変わるたびに毛髪は細くなりますので、細くなり、早く抜けるので、どんどん薄く見えてしまうと言う事になります。
この、受容体にフタをしてキャッチ出来なくするのが、プロペシアと言う薬剤です。
フィネステリドと言う成分の効果です。

抜け毛を減らし、長く生えるようになる効果があります。
比較的この効果の方が目に見えて、幅の広い方に有用なイメージがあります。

ミノキシジル溶液は発毛促進です。
毛髪の成長遺伝子に直接働きかけて、活発化を促すと言う効果です。

このことから、抜け毛を減らし、成長遺伝子に働きかけるという流れが最大の育毛となることは明白であると考えています。

育毛写真

ヘアーサロンカガワ


コメントを残す