学童野球西あかつき

西あかつきの会長を2年生の保護者でやることになって考えることはたくさんありました。
子供達は毎週練習をしていましたが、週末の参加が出来ない私からすると、親がどのような方なのかを知らないで指導をしたり、または、怒鳴ったりは難しい事でしたので、懇親会を開くことにしました。
まずは、仲良くなって子供達をどのような目標でチームをやっていくか明確にして行きたかったと言うことですね。

しかし、参加は数名でいつも決まった人しかきませでした。
私が会長を引き受けてチーム運営を預かったと言うのに、上級生の保護者は誰も参加をしませんでした。

どういう事でしょう?
子供達が毎日のように練習をして、その結果を大会でだそう、強いチームにしよう、成功体験を子供達に教えよう、と、言う事とは程遠い状況で、私自身が子供達と信頼関係を作っていかなければ何も出来ないと言うことに気がつきました。

また、指導でも強いチームにと考えれば、正しい野球技術とか正しい指導と言うことが大切と考えていました。
教え方はとても重要で、とても難しいです。

それは、お手伝いをしているときに実感していました。

バッティングの指導で前の監督がボールに当たらない下級生に、脇を閉めろとアドバイスをしましたがうまく行きません。
監督は、帽子を脱がせ、右打ちの子の脇の下に帽子を挟ませ、落とさないように振れとアドバイスをしていました。
あれで打てるとは思わなかったのが最初の思いでした。
今、考えてもあんなことをしていては子供達に申し訳ないと責任を果たせないと思ってしまいます。

続く

ヘアーサロンカガワ


コメントを残す