今日、こんなことが

今日、一見さんのお客さんについて書きたいかな。
職人さんな感じでした。
作業着の裾がダボッとしたやつ、なんて言うのかはわからないけどそんな格好でした。

希望は角刈りです。

ビシッと切れますか?と聞かれました。

前回切った店は最悪だったと話、出来るかどうかを聞いてきました。

角刈りは切れますが、切る人によって感性が違うので希望に沿うかはわからないけれど、切れますよと話しました。
微妙に暴れそうに見えたので、慎重に対応しようとしました。

いくら?と聞かれて、カット、シャンプー、顔そりで4300円ですと説明すると、高いね、と言われました。
そんなに言われるほどは高くないとは思いますが、どうやら前回のお店は二千円台だったようです。
それでは角刈りが切れるかどうかは、微妙だなぁと思ったかんじでした。

しかし、どうしてもビシッと角刈りにしたいと話、三千円にならないかと言われました。
そういうわけにはいかないから、出来ませんと言うと、しばらく考え、ビシッと切ってもらえるよねって事でやることになりました。

実際毛流れ、毛の癖、など結構難しい方であり、このお客さんはまず、しっかりと練習をしてきた技術者でないと仕上がらないだろうと言うのが印象でした。

仕上がりには満足していただき、機嫌よくお帰りになられたのですが、安い床屋と、勉強をしてきた私達のような床屋を値段が違うだけで、同じ部類に判断されている事に残念な気持ちでした。

四年ほど黒羽の辺りにいらっしやったそうですので、やはり、緊張してしまいました。


コメントを残す