バッティングの理解

野球で必要なことと言えば、ピッチャーが投げてバッターが打って走る。
その打球を野手が取って投げると言うのが基本です。
その中でゲーム性を高める策略がプレッシャーを生み出し、ドラマが生まれるのですね。

そんな中、バッティングについて一つの答が出ました。
理論的で具体的な結論です。

それは、次男が小さいときから二人で繰り返し、勉強し、観察し、そして、三男が高校野球へ進む時に繋がった話です。

文章にすると長すぎるのでかけません。

明後日は仲間と飲みながら野球の話をする予定なので、論文発表して考え方を聞き、確かめたいと思います。
私的にはかなり自信あります。

何故?速読が効果があるのか?何故ボールがとまってみえるのか?何故変化球を投げて来る手が見えるのか?それは本人の能力も関係するかもしれませんが、理論的に説明が付きそうです。

具体的な指導のヒントになります。


コメントを残す