バッティングの理解2

東京へ出かけるまで少し時間がありますので、少し書いてみます。
バッティングってまずは振りの問題がありますよね。
私の理解としては、色々なタイプがあると思いますが大きく二つのタイプに分けて考えるようにしています。
何の変哲も無い真ん中のストレートを打った場合のミートポイントと打球方向の確認。
前で打つタイプなのか?引き付けるタイプなのか?
ですね。(この時の引き付けると言うことは、反対方向に打つと言う意味ではなく、ポイントが近いところで打っても引っ張った打球が飛ぶと言うこと。)
押し手の肘が曲がっていて、押し込むのか?ヘッドを走らせて肘が少し伸びたようになり打つのか?
と言うことです。
基本バットはインサイドアウトで動くのが良いとされていますが、ポイントの違いでアウトに動くタイミングが変わってきますので、そこらへんを気にして指導することも必要と考えます。

バッティングのインサイドアウトの指導は、全体のスイングで注意したり、やらせても、なかなか身につきません。
細かく身体の運動反応に落とし込んでいかないとゲームの中で無意識に出来るようになりません。
バッティングの動作をポイントとなる部分でいくつかのセクションに分け、その一つ一つに大切な課題を繰り返しながら、その動作を全体のスイングに組み込むよう落とし込むと言う事が大切ですが、根気よく繰り返すことで劇的に良くなります。

その時に、子供がどういうポイントで打つことが良いのかを判断してポイントを掴んで行けるようにして、本人自身が自分はこういうバッティングスタイルが必要なんだなと理解をすることも大切です。
自分の何がよくて何が必要なのかを理解していれば、自分の考えで試合中でも対応が出来るようになりますし、目のとどかない所での練習でも自分の課題を磨くことが出来ます。


コメントを残す