バッティングの理解のおまけ

理解と補足で書いても実際はもっと細かく、もっと色々な微調整、試しの練習はしています。
なので、読んでそれだけではきっと壁に当たりますし、よくわからないでしょう。

今ある程度出来ている段階で大切にしていることを書いてみます。
インサイドアウトはヘッドが遅れて来ると言うことですが、それには必要なことがあります。
グリップがミートポイントに真っ直ぐ向かわなければ結局ヘッドが遅れても外へ大きく動いてしまいます。
その状態がバットが立つと言うことだと理解しています。

それには練習が必要で、ある程度出来れば、良い形を保つためにいつもしておいた方が良いルーティーンや練習があります。

それは低め打ちです。
膝下くらいのボールを打つようなつもりで振ることです。
ティーでもやった方が良いです。
その時に意識することはヘッドを立てて振りはじめ、グリップが下に降りたところでヘッドを落とすように振ること。
力まないでヘッドを落として、その後リストを使って振り上げます。

これがレベルスイングでも同じように出来る事が必要です。
まさにインサイドアウトです。

イチローなんかも打席に入る前に低めを振ってますよね。

間違ってはいけない事はアッパースイングとは違いますので、よく理解して試した方が良いです。
低めでも前で捕らえるイメージで、低めでもホームランが打てるような角度で飛ばすイメージを持たないとインサイドアウトになりません。


コメントを残す