アレルギーに対応するヘアーカラー

一般的なヘアーカラー剤にはジアミンと言う成分が含まれています。
それはプロ用でも、ホームカラー用でも同じです。
そして、その成分はアレルギーを起こしやすい物で、人によっては長年カラーをしていても突然かゆみや、頭皮のあれ、顔が腫れるなどの症状が出てしまう事があります。
そうなると、ヘアーカラーをすることは出来なくなります。

しかしながら、どうしてもカラーをしたいと言う方もいます。
その場合には、いわゆるマニキュアと言われるヘアーカラーならばアレルギーの心配は減りますが、白髪を根元まで染めることができません。
頭皮が染まってしまいます。
また、洗うたびに色落ちしていきます。

もうひとつ染めることが出来る方法があります。
一般的には「利尻昆布のカラートリートメント」と言う商品で知られている、HC染料とか、塩基染料を使用したものがあります。
これは染まりが薄く、すぐに色落ちしてしまいますので、こまめに使わないとなりませんし、染まりが薄いので、一般的なヘアーカラーのレベルとは程遠い物ですが、アレルギーのリスクはへります。
この方式のヘアーカラーはプロ用の商材があり、市販のものより染まりは当然良くなっています。
ただ、一般的なヘアーカラーよりは染まりはやはり薄いです。
もちろん色落ちもありますので、同じように染まると言うわけにはいきませんが、アレルギーの心配が減りヘアーカラーをすることが可能となります。

このようなお悩みのある方は、一度ご相談下さい。


コメントを残す